農学国際教育研究センター

ICREA

ホーム > 研究活動 > 研究テーマ一覧 > 不良環境下での安定生産を目指したイネの遺伝的改良:犬飼義明(生物遺伝情報研究室)

研究活動

不良環境下での安定生産を目指したイネの遺伝的改良:犬飼義明(生物遺伝情報研究室)

犬飼義明(生物遺伝情報研究室)

近年の研究の進展により、従来の交雑育種や突然変異育種に加え、各ストレス耐性に関わる量的遺伝子座を検出できるQTL(Quantitative trait locus)解析や、その遺伝子座の有無を迅速・正確に判別できるMAS(Marker Assisted Selection)を利用することにより、効率的に品種改良を行うことが可能となってきました。また、生物の遺伝情報をゲノム全体にわたって迅速・安価に解析できるNGS(Next Generation Sequencing)やゲノムを編集する最新技術であるNBT(New plant Breeding Techniques)も開発されています。私たちは、これらの技術を活用し、不良環境下での安定生産を目指したイネの遺伝的改良に取り組んでいます。


環境ストレス耐性を有するイネ品種育成を目指した研究活動

ページ先頭へ戻る