農学国際教育研究センター

ICREA

ホーム > センター紹介 > センター長挨拶

センター紹介

センター長挨拶

農学国際教育研究センターは、基礎研究と海外のフィールド調査研究を推進し、その出口を現場の問題の解決に資することを明確に見据えた成果を追求してきました。近年、新興国を中心とする食需要の多様性が益々広がる中で、食料安全保障と栄養改善目標、環境保全を前提とした持続的生産へのアプローチとして、先進国が蓄積してきている基礎的知見を技術として確立し、実社会へ馴化していく上で、フィールドサイエンスの担うべき役割が一層重要性を増しています。そこで、設立以来のミッションの位置付けを改め、国際農業開発分野における国際共同学術研究の推進とそれをベースとした農学国際教育の機能を先鋭化させ、学内関係部局、ならびに国内外の中核研究拠点との連携の深化によるグローバルな農学への貢献度を高めることを目指し、2018年4月に、農学国際教育協力研究センターから現在の名称に改称し、新たな出発をしました。

世界の農林業現場は、地球規模の農学的課題や新たな学術的知見の創出が見込まれる研究シーズを豊富に包含し、課題解決と基礎研究の成果の現場への適用を実現する場として、また農学領域の学問分野を統合した新たなアプローチの開発と実践およびそのための教育・人材育成の場としてもきわめて重要です。そのような現場を重視して、当センターは、若い研究者・技術者をどう育てていくかについての知見、経験を蓄積、交流し、そして本来総合的学問である新たな農学の創造に貢献したいと考えています。

関係各位の、当センターの活動に対する温かいご理解とご支援、また積極的なご参画をお願い申し上げます。

  • 大学院生命農学研究科 教授(兼任)

    山内 章

    専門 作物学、循環資源学
    研究テーマ
    • 作物のストレス耐性
    • 作物根系の発育と機能ならびにその遺伝制御

ページ先頭へ戻る